“今度は悲観、そしてリスク・オフ。”