【株式投資指標のおさらい 後編】低ければよいってものでもない! 「PER」とは?