緊急事態宣言の7都府県でスーパーの「特売チラシ」が約半減、ロコガイド調査

 レポートによると、緊急事態宣言が出された7都府県を中心に、チラシを投稿する店舗は、約半数にまで減っていることが分かった。また、緊急事態宣言が発令された4月6日週には、7都府県の小売店が更新したチラシタイトルのうち、約20%に自粛に関わる文字が含まれており、情報発信が迅速に実施されていた。

 特売情報の発信は、「菓子」「弁当・惣菜」「缶詰」など、自宅待機で「需要が高まっている商品」が中心だった。一方、「麺類」「冷凍食品」「パン類」など、品薄や欠品リスクのある商品は、抑制傾向がみられた。
Source: BCN+R