米GDP、FOMC、カナダGDP、ユーロ圏GDP、ECB、日銀、中国PMIなど 4/27~5/3

【週間イベント】

f:id:gaitamesk:20190823140851p:plain

4地域の今後1週間のスケジュールをお届けします。

目次

▼北米(米国・カナダ)
新型コロナ 米経済へのダメージは

▼欧州(ユーロ圏・英国)
EUがコロナ復興パッケージの詳細を詰められるのか

▼アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)
日銀は国債買い入れの無制限化を健闘

▼新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)
原油や株の値動きに注目

北米(米国・カナダ)

重要イベント

4/28◎米4月消費者信頼感指数
4/28◎米4月リッチモンド連銀製造業指数
4/29☆米1-3月期GDP・速報値
4/29◎米1-3月期コアPCE・速報値
4/29☆FOMC政策金利発表
4/29☆パウエルFRB議長会見
4/30☆カナダ2月GDP
4/30◎米3月個人消費支出
4/30◎米新規失業保険申請件数
4/30◎米アップル1-3月期決算
5/1☆米4月ISM製造業景況指数
5/1◎OPECプラス減産開始予定
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

米1-3月期国内総生産(GDP)・速報値は前期比年率-3.7%に落ち込むと予想されています。
また、4月ISM製造業景況指数は37.5と一段の低下が見込まれています。
新型コロナの影響で米経済がどれほどのダメージを受けたか確認する事になります。

北米のイベント

f:id:gaitamesk:20200424164140p:plain

欧州(ユーロ圏・英国)

重要イベント

4/29◎独4月消費者物価指数・速報値
4/30◎独4月雇用統計
4/30◎ユーロ圏4月失業率
4/30☆ユーロ圏1-3月期GDP・速報値
4/30☆ユーロ圏4月消費者物価指数・速報値
4/30☆ECB政策金利発表
4/30☆ラガルドECB総裁会見
5/1◎OPECプラス減産開始予定
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

ユーロ圏でも1-3月期国内総生産(GDP)・速報値は前年比-3.6%に落ち込む見通しです。
その他、欧州連合(EU)が、コロナ復興パッケージの詳細を詰められるのかなども気になります。

欧州のイベント

f:id:gaitamesk:20200424164148p:plain

アジア・オセアニア(日本・中国・豪州・NZ)

重要イベント

4/27☆日銀金融政策決定会合
4/27☆黒田日銀総裁会見
4/29◎NZ3月貿易収支
4/29◎豪1-3月期消費者物価
4/30◎日本3月鉱工業生産・速報値
4/30☆中国4月製造業PMI
4/30◎中国4月非製造業PMI
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

日銀は国債買い入れの無制限化を健闘している模様です。
ただ、早くも無制限は「見せかけ」という評価が出るなど、市場の受け止め方はあまり好意的ではない様子です。
その他、コロナ禍から復活しつつある中国の4月PMIにも注目です。

アジア・オセアニアのイベント

f:id:gaitamesk:20200424164158p:plain

新興国(トルコ・南ア・メキシコ・ロシア・シンガポール)

重要イベント

4/27◎メキシコ3月失業率
4/28◎メキシコ3月貿易収支
4/29◎シンガポール1-3月期失業率
4/30◎トルコ3月貿易収支
4/30◎メキシコ1-3月期GDP・速報値
4/30◎南ア3月貿易収支
5/1◎OPECプラス減産開始予定
☆特に重要 ◎重要
※カレンダーにないイベントも掲載することがあります

ここがポイント

新興国にとっては、自国のイベントよりグローバルな金融市場の動きがカギとなるでしょう。
原油や株の値動きに注目です。

新興国のイベント

f:id:gaitamesk:20200424164208p:plain

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

Source: マネ育チャンネル