【記者のひとこと】何となく「のぞき見」できる良さ

 先日、エイトレッドが主催した「ワークフロー総研設立記念トークライブ」に登壇したサイボウズの大槻幸夫・コーポレートブランディング部長は、「クラウド上にオフィスを再構築する必要性」を指摘しています。

 ワークフローはもちろんのこと、どこの誰が、どんなことをやっているのか、何となく「のぞき見」できて、何か困っている様子なら声かけして、見習うべきことがあれば学びとるといった現実オフィスの機能をクラウド上に再構築できれば、「物足りなさ」を解消できる可能性がありそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
新型コロナ IT企業の事業継続 テレワーク先進4社の取り組み
サイボウズ パートナーエコシステム拡大でクラウドが順調に成長 2020年は海外ビジネスを再加速
「Zoom」をあらゆるコミュニケーションの代名詞に
コロナ・ショック 変化の振れ幅を逆手に IT投資の優先順位が激変
インターネットイニシアティブ リモートアクセス環境を5月末まで無償提供 新型コロナ対応のテレワーク導入を支援
AWSジャパン 多様なパートナー求める設計や運用、業種の強みを連携

Source: BCN+R