「南アランド/円 緊急利下げで下落」変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2020年4月13日~4月17日

f:id:gaitamesk:20191021103502p:plain

外為どっとコムの取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

集計期間:
2020年4月13日から4月17日の営業日

▼変動率ランキング
南アランド/円 緊急利下げで下落続く

▼スワップポイント累計ランキング
トルコリラが変調

▼取引高ランキング
ユーロ/米ドルが上昇

変動率ランキング:南アランド/円 緊急利下げで下落続く

期間中の為替相場は、先週よりも値動きの乏しい閑散相場となった。そんな中、最も変動したのは南アランド/円で、変動率は5.96%だった。世界経済減速懸念で上値の重い中、14日に南ア中銀が緊急利下げ(5.25%から4.25%)を行うとさらに下落した。2番目に大きい変動幅になったメキシコペソ/円は、原油価格の下落が止まらず産油国でもあるメキシコ経済にマイナスとなると捉えられ、通貨が弱かった。

4位、6位、9位に登場したトルコリラは、引き続き下落が目立っている。トルコリラ/円は史上最安値の15円40銭台となり、2018年8月の「トルコリラショック」のレート(15円50銭台)を下回った。世界的な課題である新型コロナウイルス感染拡大について、トルコは当初感染者数は目立っていなかったが、ここにきてイランや中国を抜き、世界で7番目に多い感染者数になっている。トルコ経済への悪影響を懸念したリラ売りは対ドル、対ユーロでも起こっている。

ドル/円は変動率1.48%の25位。週初に日米の株安を受けて約1円下落し、その後も上値が重かった。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象30通貨ペアのうち17通貨ペアと、前回から減少。その内3%以上の変動幅を記録した通貨ペアは9通貨ペアだった。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 ZAR/JPY 5.96% 6.012 5.674
2 MXN/JPY 5.65% 4.64 4.392
3 NOK/JPY 4.62% 10.625 10.156
4 TRY/JPY 4.57% 16.117 15.413
5 RUB/JPY 3.94% 1.476 1.42
6 USD/TRY 3.79% 6.953 6.6994
7 NZD/USD 3.53% 0.61299 0.59211
8 NZD/JPY 3.49% 66.063 63.834
9 EUR/TRY 3.36% 7.5679 7.3216
10 AUD/USD 2.86% 0.64432 0.62641
11 EUR/NZD 2.56% 1.82957 1.78393
12 AUD/JPY 2.49% 69.261 67.578
13 CAD/JPY 2.47% 77.805 75.928
14 USD/CAD 2.36% 1.41818 1.38547
15 SEK/JPY 2.18% 10.902 10.669
16 SGD/JPY 2.07% 76.655 75.102
17 EUR/AUD 2.04% 1.73505 1.70036
18 AUD/NZD 1.99% 1.06219 1.04146
19 GBP/AUD 1.98% 1.98973 1.95115
20 GBP/USD 1.93% 1.26468 1.2407
21 EUR/JPY 1.83% 118.689 116.555
22 CNH/JPY 1.69% 15.385 15.13
23 EUR/USD 1.64% 1.09893 1.08119
24 AUD/CAD 1.56% 0.89678 0.88298
25 USD/JPY 1.48% 108.511 106.929
26 HKD/JPY 1.41% 13.978 13.784
27 GBP/JPY 1.39% 135.497 133.634
27 USD/CHF 1.39% 0.97232 0.95902
29 CHF/JPY 1.35% 112.36 110.863
30 EUR/GBP 1.12% 0.87791 0.86816

スワップポイント累計ランキング:トルコリラが変調

期間中のスワップポイントを合算したランキングは、ロシアルーブル/円が1位になる一方、これまで上位争いを競ってたユーロ/トルコリラは7位と、大きく順位を下げている。同様にトルコリラ/円、ドル/トルコリラも変調となっている。結果的に香港ドル/円やメキシコペソ/円が上位に繰り上がることになった。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。RUB/JPYは100万通貨あたり。左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 RUB/JPY 1400 90,000
2 HKD/JPY 460 60,000
3 MXN/JPY 430 20,000
4 ZAR/JPY 270 30,000
5 NZD/USD 228 27,000
6 GBP/USD 184 55,000
7 EUR/TRY 141 48,000
8 CAD/JPY 105 32,000
9 EUR/USD 88 48,000
10 GBP/AUD 84 55,000
11 EUR/JPY 81 48,000
12 USD/TRY 78 44,000
13 EUR/GBP 76 48,000
14 CNH/JPY 70 70,000
14 NOK/JPY 70 50,000
16 EUR/NZD 49 48,000
17 USD/JPY 42 44,000
18 GBP/JPY 33 55,000
19 TRY/JPY 25 7,000
20 AUD/JPY 5 28,000
21 AUD/NZD 0 28,000
21 CHF/JPY 0 45,000
21 EUR/AUD 0 48,000
21 NZD/JPY 0 27,000
21 USD/CAD 0 44,000
21 USD/CHF 0 44,000
21 SEK/JPY 0 50,000
21 SGD/JPY 0 31,000
29 AUD/USD -42 28,000
30 AUD/CAD -69 28,000

取引高ランキング:ユーロ/米ドルが上昇

期間中の取引高ランキングは、5位と6位の交代があった他は大きな変化はなかった。トルコリラ/円が前回9位から今回は7位へ上昇した。歴史的な下値圏ということで、長期投資を志向する個人投資家の買いが増えた可能性がある。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 AUD/JPY 2
3 MXN/JPY 3
4 GBP/JPY 4
5 EUR/USD 6
6 EUR/JPY 5
7 TRY/JPY 9
8 GBP/USD 7
9 ZAR/JPY 8
10 AUD/USD 10
11 NZD/JPY 11
12 EUR/AUD 13
13 GBP/AUD 12
14 CAD/JPY 14
15 NZD/USD 19
16 EUR/GBP 15
17 CHF/JPY 17
18 USD/CAD 18
19 RUB/JPY 21
20 USD/CHF 20
21 EUR/TRY 22
22 USD/TRY 23
23 EUR/NZD 26
24 AUD/NZD 28
25 NOK/JPY 24
26 CNH/JPY 16
27 AUD/CAD 25
28 HKD/JPY 27
29 SEK/JPY 30
30 SGD/JPY 29

まとめ

集計週は、次のトレンドを睨んでか、値動きに乏しい期間となった。

今週の経済指標カレンダーを見ると、米国で23日に4月サービス業PMIが発表される予定だ。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため長期間の都市封鎖が続く中、コロナ禍が米国経済へどれほど悪影響を及ぼしているのかを確認するうえでもチェックしておきたい。同様に欧州のサービス業PMIや小売物価指数なども見ておきたい。下落の続くトルコリラだが、22日に政策金利発表が予定されている。現在政策金利が9.75%であるのに対し、市場予想は9.25%となっている。発表結果と、トルコリラへの影響が気になるところだ。 

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

Source: マネ育チャンネル