シャープ、ECサイトで国産マスクの販売を4月21日から開始

シャープがマスクの個人向け販売を開始する

 発売から5月10日までは、毎日10時ごろに在庫を補充する。より多くの消費者の手にわたるよう、在庫状況に応じて、一定期間に購入できる数量を1人あたり1箱に限る。また、現時点では、購入日を含め3日間は再購入を断るとしている。なお、同一のユーザーが期間中に複数購入したと同社が判断した場合は、注文をキャンセルすることもあるという。

 マスクは、立体三重構造でウイルス飛沫や微粒子も99%カット。PM2.5や花粉の侵入も防ぐ。しっかりノーズフィッターを採用しているため、マスクの隙間を減らし、メガネの曇りをおさえる。

 同社は、日本政府からの要請を受け、三重工場のクリーンルームでマスクを生産すると2月28日に決定。新型コロナウイルス感染症の影響が拡大するなか、マスク不足の緩和を目指し、短期間で準備を進めてきた。3月31日から、まずは政府調達向けに出荷を開始、4月21日に個人向けの販売を開始する。
Source: BCN+R