フォルクスワーゲンが段階的に生産再開へ、100項目のコロナ対策で

 生産の再開にあたり、中国の工場での生産再開の流れを踏襲。従業員の健康を徹底して守る対策が常に最優先事項とし、感染リスクを可能な限り低く抑えるため、およそ100項目にわたる健康保護計画を策定したとしている。中国、スロバキアに続き、4月27日週からドイツ、ポルトガル、スペイン、ロシア、米国で、5月中に南アフリカ、アルゼンチン、ブラジルとメキシコでも順次再開する計画。(BCN・道越一郎)
Source: BCN+R