米アップル、地図アプリのナビゲーションデータを元にした世界各地の移動傾向を公開

公開されたモビリティデータ

 今回提供されるモビリティデータは、自治体や保健当局に有益であるとともに、人々がコミュニティ内で徒歩や自動車、公共交通機関を利用して移動する量の変化を表示することによって、新たな公共政策の基盤として利用できる。

 Appleマップでは、モビリティデータとユーザーのApple IDとの関連付けが行われていない。しかも、同社はユーザーの移動先に関する履歴も保存していない。モビリティデータの公開を行うウェブサイトでは、Appleマップの使用状況を集計したデータを利用して、主要都市および63の国と地域の移動傾向を表示する。

 なお、Appleマップではプライバシーの観点から、収集した検索語、経路、交通情報といったデータとランダムで一時的に関連付けられている識別子を頻繁にリセットしているため、同社がユーザーの移動や検索に関するプロファイルを保有することはない。
Source: BCN+R