トヨタのDA装着車、Apple CarPlay/Android Autoが追加料金なしで利用可能に

トヨタのディスプレイオーディオ

 新型カローラの発売を機に、DAと車載通信機「Data Communication Module(DCM)」の標準装備を進めており、いつでもつながるコネクティッドカーの普及を目指している。

AppleのApple CarPlayと、GoogleのAndroid Autoに対応。スマホがそのままクルマのナビ画面に表示される

 当初はSmartDeviceLink(SDL)のみ標準仕様だったが、オプション扱いのApple CarPlay/Android Autoも標準で対応し、DAに手持ちのスマートフォン(スマホ)をUSBケーブルで接続すると、LINEカーナビに加え、DA上でマップ・電話、メッセージ、音楽といったさまざまなアプリが利用できるようになる。DAなら、運転中もハンズフリー通話や音声による機能操作が可能なので、安全性も高まる。

T-Connectエントリーの利用条件と利用料

 利用にあたり、トヨタのコネクティッドサービス「T-Connect」の契約が必要だが、カローラ、ヤリスなどDAとDCMを標準装備する対象車は、初年度登録から5年間は基本サービス(T-Connectスタンダード/T-Connectエントリー)は無料。6年目以降は有料で、料金は税抜き年額3300円または月額300円。
Source: BCN+R