東レ、マスク用不織布製造を増強、月に8000万枚体制へ、防護服製造も

東レのWebサイト

 東レグループでは、これまで海外子会社でマスク用不織布の増産を進めてきており、現在、国内の大手マスクメーカーを中心に、1カ月当たりマスク約3000万枚分の供給を行っている。まずは、これら設備でのさらなる増産を行うことで、東レグループからの日本国内メーカー向けの供給量を、今年5月から1カ月当たりマスク約6000万枚にまで拡大する考え。

 一方、日本国内では東レ滋賀事業場内にある不織布試験設備の量産対応化検討に着手しており、今年5月以降に1カ月当たり最大でマスク約2000万枚分の国内供給体制確立を計画している。

 加えて、医療関係者が着用する防護服についても、国内外を含めた生産・供給体制を早期に確立し、日本国内に供給していくことを検討している。
Source: BCN+R