「延長要請期限まで、あと2カ月半」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

f:id:gaitamesk:20200414114007p:plain

12日、新型コロナウイルスの治療のため入院していたジョンソン首相が退院となった。
しばらくは療養に努めるということとなっている。

欧州の中でも新型コロナウイルスの感染で大きな被害を受けている英国では、いまだEUとのFTA交渉で進展が見られない。3月18日の会合が中止されて約1カ月が経とうとしており、6月末が移行期間の延長要請期限とされているが、約2カ月半しかない状態だ。
延期必至という世論に対し、ジョンソン首相がどのように答えるかは為替相場変動要因になるかもしれない。

f:id:gaitamesk:20200414114257p:plain

f:id:gaitamesk:20200414114323p:plain

f:id:gaitamesk:20200414114355p:plain

f:id:gaitamesk:20200414114416p:plain

<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

Source: マネ育チャンネル